一般社団法人 日本図書教材協会・一般社団法人 全国図書教材協議会

サイトマップ

HOME会員紹介 [ 都道府県図書教材協会 ]>近畿ブロック

都道府県図書教材協会

近畿ブロック
平成29年2月4日
「教材フェスティバル in大阪」を開催

大阪府、大阪市、堺市の各教育委員会、公益社団法人日本PTA全国協議会と日本教材学会の後援を得て、全図協の教師向けセミナーの一環として開催。
教師や学校関係者、販売店、出版社等から667名が来場し、ブースごとに分かれた展示や実演などが行われたほか、日本教材学会もブースを設けて刊行物の宣伝や入会活動を行った。
終了後には、来場した販売店や出版社を対象に、全図協・清水厚実名誉会長と、中部大学教育学部・宮川秀俊教授による講演会を開催。

教材フェスティバル
 
平成28年11月12日
小学青年研修会を開催

第1部では文溪堂・水谷泰三社長による「この業界はいい業界だ」と題した講演会、第2部では各協会からの活動報告、第3部では4つのテーマに分かれたグループディスカッションを開催。

近畿ブロック
 
平成28年2月13日
「教材フェスティバル in大阪」を開催

昨年に引き続き大阪府、大阪市、堺市の各教育委員会のほか、新たに公益社団法人日本PTA全国協議会の後援を得て、全図協の教師向けセミナーの一環として開催。
教師や学校関係者、販売店、出版社等から約500名が来場し、ブースごとに分かれた展示や教具を使用した実演、模擬授業などが行われた。
終了後には、販売店や出版社を対象に、全図協・佐野金吾会長による「これからの学校教育と全図協」と題した講演会を開催。

教材フェスティバル
 
平成27年11月7日
小学青年研修会を開催

第1部では「メーカー別付属ROM研究会」として各社のROMに関する研修、第2部では、全図協・清水厚実名誉会長による「直販業界の歴史と未来について」と題した講演会、第3部では、「直販業界の未来の為に、今我々がすべきこと」としてグループディスカッションを開催。

近畿ブロック
 
平成27年11月6日
中学部会研修会を開催

近畿ひとみらい委員会が企画・運営を行い開催。
販売店、出版社等から約60名が参加し、「資料集復権!!〜理科資料集、子どもに持たせんでどうするねん!〜」のテーマで、加盟出版社が発行している理科資料集を見ながらグループに分かれてワークショップが行われた。

近畿ブロック
 
平成26年11月8日
小学青年研修会を開催

第1部として、小学校出版社の営業、編集担当などさまざまな部門からパネリストを招き、「直販業界の今・これから・そこまで言って委員会」のテーマでパネルディスカッションを開催。
第2部では、「業界の未来を切り拓くには。今の業界に異議あり!」のテーマでグループディスカッションを開催。

近畿ブロック
 
平成26年2月15日
「教材フェスティバル in大阪」を開催

昨年に引き続き26年度も大阪府、大阪市、堺市の教育委員会の後援を得て、全図協の教師向けセミナーの一環として開催。
昨年を上回る351名の教師や学校関係者が来場し、ブースごとに出版社の展示や実演が行われた。

教材フェスティバル
 
平成26年1月6日
フューチャースクール研究指定校の研究発表会報告会を開催

11月に研究指定校の松阪市立三雲中学校、和歌山市立城東中学校で研究発表会行われ、それぞれの研究指定校のICT化の現状及び問題点や課題についての報告会を開催。

 
平成25年11月9日
小学青年会研修会を開催

日本標準・山田雅彦社長による「業界の未来と展望について」と題した講演会と新学社編集部によるくりかえしドリル対応ノートの活用実践研修を開催。

近畿ブロック
 
平成25年11月8日
中学部会研修会を開催

教育同人社・森達也社長による「学校のICT化とこれからの図書教材」と題した講演会と出版社の営業・企画担当者を交えて討論会を開催。

近畿ブロック
 
平成25年2月16日
「教材フェスティバルin大阪」を開催

この企画は、販売店向けの合同展示会として始まり、4年前から教師を招いた展示会として発展し、今回初めて大阪府、大阪市、堺市の教育委員会の後援を得て、全図協の教師向けセミナーの一環として開催。
当日は、教師や学校関係者など330名のほか、販売店から250名が来場し、会場ではブースごとに出版社の展示や実演が行われた。

教材フェスティバル
 
平成24年11月10日
小学部青年会研修会を開催

教育同人社・森達也社長による「直販業界の未来予想図を考える」と題した講演会と、NPO法人山城こみねっと理事・大橋敏裕氏による「ドラマでコミュニケーション」と題したワークショップが行われた。

 
平成24年2月18日
合同展示会を開催

大阪市を中心とした教員や教育大学の学生など約300名を招き、出版社それぞれがブースを設けて、展示会を開催。

 
平成23年11月12日
小学部青年会研修会を開催

この研修会は平成22年に立ち上げた青年会の若手役員が中心となって企画、運営のすべてを執り行っており、今回が第1回目。
光文書院・長谷川知彦社長による「学校直販の“プラットフォーム”を構築せよ!〜クラウド時代における業界ビジョン」と題する講演会と、図書文化社・村主典英社長によるエンカウンター体験研修会を開催。